ページ

2020年10月11日日曜日

店内の絵の入れ替え





Swingのアーティストよしきさんと職員の西川さんが、ゆっくりCaféもこもこ店内の絵を入れ替えに来てくれました。何人もがそれぞれ店主を描いた絵から、Caféにある花をテーマにした絵に替わります。実は、Qさんが店主息子の長岡心を描いてくれた絵も一つあります。息子の実物通り、優しい人物に描いてあります。いつも入れ替え作業はとっても入念で時間がかかります。
 

2020年10月1日木曜日

Qさん作 新しい店頭の絵



 SwingのアーティストQさんとKAZUSHI君ともこもこ担当の河原さんがゆっくりCaféもこもこに来てくれました。Qさんはもこもこの店頭を飾る絵のつづきを描きに来てくれたのです。これまで店頭には、北白川移転記念にAckeyさんが描いてくれた作品を掲げていたのですが、入れ替えになります。Ackeyさんの作品は、店内に飾ります。今日もQさんは店主に質問。例えば「どんな秋が好きですか?」答えはもちろん「食欲の秋」。「好きな秋の食べ物は?」「サンマ」...で、サンマを描いてくれました。サンマと言っても並みのサンマではありません。Qさんの絵は、いろいろな物をつぎつぎと合体していって、一つの作品になっていきます。瞬時に判断して描いていくのですが、そのひらめきが本当に素晴しい。

2020年9月19日土曜日

ゆっくりCaféもこもこ店頭の絵をQさんが制作




Swingアーティスト3人、カフェの絵を製作中のQさん、7月にもこもこの花を描いてくれたYくん、アンソニー・ホプキンスそっくりのHさん、それにもこもこ担当のKさんが来店。Qさんは、カフェの表に取り付けて、トレードマークになる絵を今製作中。Qさんの作品は、いろいろなものを合体させるのが特色です。店主に質問して、店主が好きなものを答えたら、次々と絵の中に描いていきます。ものすごーく素敵な作品になっていくので、ものすごーく楽しみです。

 

2020年8月15日土曜日

Swingが来た その6





Swingの作家さんQさん、Sさん、Yくん、それに施設長の木ノ戸さん、もこもこ担当のKさんがカフェに来てくださいました。今回の目的は、お店にある花を描こうということ。朝、開店に遅刻だ!と急いで駆けつけたら、おなじみのQさんがすでに待ってくれていて、びっくり。とってもうれしかったです。皆さんが到着して、会議しているようだったので遠慮していたら、店主の仕込みを待ってくださっていたよう。すみませんでした。昼食を食べて、飲み物を飲んで、とても良いお客様です。ありがたいことです。ご覧のように、絵はさすがに素敵ですね。楽しい1日でした。ぜひぜひ!また来てほしいです。
 

ゆっくりカフェもこもこがお世話になっている方たち



 

いつもおいしいパウンドケーキやクッキーを運んでくれる京都ふれあい工房のTさん。もこもこあこがれの店、上賀茂にあるフランス料理の名店ルルソン・キボアのマダム。冷蔵庫、冷凍庫、製氷機、浄水器などなど厨房機器のメンテナンスをしてくれるS君。みなさんの応援をいただいて、今日も元気に営業しています。

2020年6月3日水曜日

京都ふれあい工房のパウンドケーキやクッキー



京都ふれあい工房さんから出来立てのパウンドケーキ、マドレーヌ、クッキーなどが届きました。どの種類もとてもおいしくて、カフェのお客さまに喜んでいただけます。ご覧のように、パウンドケーキの袋はとても可愛いものです。運んで来てくださるのは、京都ふれあい工房のTさん。2年前に、北白川に移転して開店したとき、ふれあい工房のみなさんから蘭の花をいただきました。今年も見事に咲きましたよ。

2020年6月2日火曜日

自転車で来られたお客さま


「滋賀県側から山中越えの道を通って、下ってきたら、ちょうど良いところにカフェがあった」と言って来てくださいました。お二人のご出身はアメリカと京都だそうです。写真に写っているロードバイクはかっこよかったです。梅ソーダがおいしいと、とってもほめてくださいました。