ページ

2019年12月11日水曜日

チョークアート展開催です





ゆっくりカフェもこもこで、チョークアートの展示会です。ご覧のように、お店は現在クリスマス仕様、季節がら暗くなるのが早いということで、電気をつけるとまた雰囲気が違いますね。この看板を描いていただいた作家さんのSudio Tic-Tacの教室展です。11日(水)~17日(火)展示、15日(日)にはチョークアートのワークショップがあります。

2019年12月4日水曜日

お友達がふえました



新しいお友達。1枚目の写真。ヨークシャーテリアのここあちゃんとボルゾイのアシュリーちゃんがはじめて来てくれました。ここあちゃんとアシュリーちゃんが並んで散歩するのはとってもほのぼのと、良い感じです。下校中の小学生にお願いして、この写真を撮ってもらいました。
2枚目は、おなじみボルゾイのくーちゃんです。はじめてテラス席まで来てくれました。ほれぼれするカッコよさですね。2枚とも、雑誌の中から出てきたみたいです。

2019年11月30日土曜日

スイングのXLさんがやってきた



Swingの売れっ子アーティストXLさんと木ノ戸さん&木ノ戸ジュニアが来店。Swingのアート活動から生まれた各種グッズは店内で販売中。いつもお買い上げくださり、ありがとうございます。写真の通り、本当にビッグなXLさんは、いつもにこにこ、お顔を見るとほっとします。先日は木ノ戸さんと一緒に、吉祥寺はじめ東京各所に出張って、パフォーマンス、作品展示してこられたところ。一青窈さんのコンサートツアーグッズに牛の絵採用。渋谷で実験開催した「DARE?」ブランド服に絵が採用とか...。何しろご活躍ですね。いよ!、大統領! 
追伸。吉祥寺ではゴミコロリのパフォーマンスもやって、ヒーローのゴミブルーが登場したそうです。ゴミブルーと検索すると、Swingの清掃パフォーマンス「ゴミコロリ」の様子が出てきます。

2019年11月17日日曜日

ご近所のシロちゃんとクロちゃん来てくれました



いつもお世話になっているシロちゃんとクロちゃん。すぐご近所のワンちゃんです。散歩コースにお店前が入っています。シロちゃんは嬉しがりで名前を呼ぶと、必ず愛想しに来てくれます。クロちゃんは散歩が大好きです。下の写真は、シロちゃんクロちゃんのおうちの息子さんとお孫さんです。

お友達のくーちゃんです



今度はくーちゃんと一緒に写真を撮ることができました。くーちゃんは見てお分かりのように、とってもスマートでかっこいい。飛ぶように走るというのも分かります。秋が深まり、夕方早く暗くなるので、カフェの前は電気をつけて明るくしています。

2019年11月2日土曜日

ミニは可愛い車です


二人でカフェにいらっしゃったお客さま。イギリス車のとても可愛いミニで来られました。色がとってもきれいで、何しろ目立ちます。お願いして、写真を撮らせていただきました。そういえば、車でいらっしゃるお客さまがこのところ増えましたね。

ボルゾイのアルマくん


ご近所のアルマくんとお友達になれました。うれしい! 写真を一緒に撮れました。お店の前を散歩してくれると、とても幸せな気持ちになります。イラストレーターお姉さま作のバッグ、素敵です。アルマ君たちを描いてありますね。

2019年10月8日火曜日

Swing施設長が来た




お店のお友達、実は店主家族のお友達でもあるNPO法人Swing施設長の木ノ戸さんが、お休みの日に来てくださいました。カフェで置いているユーモアたっぷりのアートグッズの多く、それに壁に飾っている絵はSwingの作品です。お店の入り口には、もこもこのために某アーティストさんが描いてくださった作品があります。つい先日は、木ノ戸さんはじめメンバーが沖縄でアートイベントに参加してこられました。木ノ戸さんの本『まともがゆれる』出版記念イベントでもあったのですね。

朝顔今でも咲いている



9月初旬から咲き始めた朝顔さん。カフェの前で、10月に入っても咲き続けていますよ。

2019年8月15日木曜日

お盆に来てくださった嬉しいお客さま




以前ご紹介した、ハンサム犬のアルマ君とくーちゃんのご家族夫妻が、お店に来てくださいました。前にお知らせしたように、この方は絵本作家でイラストレーター。動物イラストを描いたタオル、それにTシャツもご自身の作品。素敵ですね。ご参考までに、アルマ君とくーちゃんももう一度ご覧ください。

2019年8月11日日曜日

今年もオリーブの実



そもそも7年前、高野店舗開店のときに、小豆島から送ってきたオリーブの木がずっと育っています。近年は必ず実をつけてくれるので、毎年楽しみにしています。今年もご覧の通り、緑色の実がつきました。これから育っていって、だんだん紫色になっていきます。

2019年8月4日日曜日

すいかとカフェの前の夏の花




すいかは店主の実家の小豆島の兄が作りました。黄色のすいかでとっても甘くて、実の部分が厚く、食べ残す皮3ミリくらいのところまで食べてしまいます。カフェでは今とってもおいしいかき氷をお出ししています。カフェの前の今の夏の花の写真もご覧ください。暑い中、しっかり咲いています。

2019年7月25日木曜日

スウィングが来た!




スウィングのメンバーさんがお茶を飲みに来てくださいました。みなさんお店に入ってきたら、お店に癒しの空気が一杯になりました。梅ソーダを「うまいうまいと」飲んでくれた長老のHさん。暑い日だったので、梅ソーダやアイスコーヒー、オレンジュースがとってもおいしかったそうで、よかったよかった。店主の大好きなスウィングの車、町で出会ったらすぐに発見できます。発見したら、すぐに手を振りましょう。

2019年6月30日日曜日

蘭の花ふたたび



 ゆっくりCaféもこもこが1年3か月前に北白川に移転したとき、ケーキやクッキーを入れていただいている京都ふれあい工房から蘭の花をいただきました。その花がよみがえり、今また花を一杯咲かせています。水をやってるだけで、こんな立派に咲くとは、ありがたいことです。まじめに生きてきてよかったです。

2019年6月1日土曜日

ハンサム犬とイラストレーターさん その2




前にご紹介したボルゾイ犬の家族、こちらもボルゾイのくーちゃんです。以前保護犬だったそうです。今は、北白川で、家族に恵まれて、とっても幸せな暮らしですね。お散歩でカフェの前を通ります。左目がブルーで、とっても神秘的。

2019年5月25日土曜日

紫蘭と薔薇



北白川でカフェのすぐ近くに住んでおられるお客さまは、通りかかるといつもお話をしてくださいます。その女性の方がお花をくださいました。紫の欄は紫蘭、薔薇は黄色の花が咲きますが、まだつぼみです。絵を描く方で、この花の絵を描かれるそうです。

2019年5月14日火曜日

小豆島の野菜





小豆島の実家から野菜が届きました。新鮮で畑から取りたてです。グリーンピースはぷくぷく太った実がどっさり。豆ご飯にするととってもおいしいです。紫玉ねぎはサラダに、おたふく豆はこんなに大きいものがたくさん。

花が咲いた




カフェの前のポーチの花たちです。いい季節になって、緑の葉がとてもきれい。花もたくさん咲きました。お店の前を通る方たちが、とてもかわいいねと言ってくださいます。

2019年4月29日月曜日

小豆島からのおくりもの



小豆島の実家で作ったレモンときんかんが届きました。輸入レモンとは違う新鮮でおいしいレモンです。自家用生産ですので、農薬はあまりかかっていません。きんかんは枝ごと届きました。とっても甘いきんかんです。カフェでは新鮮なレモンを使ったレモンティーや、きんかんはそのままお出ししています。

2019年3月26日火曜日

リトアニアからのお客さま


お父さんは京都大学で1年間お仕事されて、「帰国前にもう一度」ということで、ゆっくりCaféもこもこに来てくださいました。明日京都を出発して、東京の築地で遊んでから、フィンランド経由で帰られるそうです。お兄ちゃんは修学院小学校1年生だったそうで、日本語は家族で一番上手になりました。パンケーキを「めっちゃうまい」と言ってくれました。

2019年3月19日火曜日

ものすごいハンサム犬とイラストレーターさん



ときどき、お店の前を散歩するアルマくんと見るからに素敵なお姐さま。ボルゾイという種類の犬だそう。精悍で高貴なお姿にほれぼれします。500gで生まれて今は体重30㎏くらいの大型犬。5月で7歳になります。お姐さまはイラストレーター、絵本作家さんです。さすが北白川、素敵な方々がたくさんおられますね。

2019年2月24日日曜日

大文字山に登った後、偶然カフェを見つけてくださったお客さま


京都市内の学生さんです。大文字山に登った帰りに、偶然ゆっくりCaféもこもこを見つけてくださいました。カメラが大好きで、カフェの写真をたくさん撮ってくださいました。カフェから通学先の大学は近くはないですが、またぜひ来ていただきたいです。

2019年2月10日日曜日

京都造形芸術大学の方たちが来てくださいました



京都造形芸術大学こども芸術学科の学生さんと先生と保護者の方々が来られました。ものすごくいい雰囲気で、ゆっくりお茶を飲んだり食事をされたりしていました。
2月9日(土)~17日(日)の10時~18時、こども芸術学科卒業制作展「私がその『時』を創る」が瓜生山キャンパス未来館3階で開催されます。宣伝をお願いされました。この学校の卒業制作展はとっても大規模なもので、見ごたえがあります。何年か前に、見に行ってびっくりしました。そのときは、作品展示の場に、制作した学生さんがおられて、しっかりと作品の説明をしてくださいましたよ。